WordPressのエックスサーバーへの移転で難儀だった個所の対応

WordPressのエックスサーバーへの移転で難儀だった個所の対応

WordPressのエックスサーバーへの移転で難儀だった個所の対応

色々理由があってこのブログをXSERVERへ移転しました。

順調だった部分は飛ばして、面倒だった個所を書いておきます。

ローカルはWindws10です。

移転元はLeo Serverだったのですが、たしかLeo Server特有と思われる作業は出ませんでした。

移転元の作業は次の二つしかないはずですので。

  1. FTPでWordpress関連のファイルを取得する
  2. MySQLのエクスポート

大体の手順

大体の手順はXSERVERの次のマニュアル通りです

また、こちらさんもXSERVERへの移転の実例が詳しくてよいです

WordPressのファイルの転送で失敗する

4800ファイルほどあったのですが、移転元からFFFTPでローカルにダウンロード時に転送に失敗しました。全部ではなく一部のファイルでエラーを出します。

以下の通り、暗号化を解除して転送しました。私のこのブログでは転送に1時間ほどかかりました。もちろん回線スピード、画像の大きさ・量などで大きく変わるので他の例でどうなるかは分からないです。また、このブログは記事も画像も少ないはずです。

XSERVERへのアップロードも同じ1時間程度でした。

気になるのでこの後色々パスワードを変更しました(暗号化しないのはファイルだけでしょうけど)

そうは言いましてもファイルを途中で覗き放題で、まずい物が書いてあるファイルもあるわけですから本来はFFFTPではなく他のソフトを使用するべきでしょう。

転送でエラーが出たという事はちゃんと転送できてるか怪しいので、転送前後のファイル数をカウントすることにしました。

そうしたところ、ローカルのファイル数はエクスプローラーでカウントできますが、FFFTPではサーバー側のファイル数がカウントできませんでした(合計のサイズは出せるのですが)

という事で、サーバー側のBashでコマンドを叩く事にしました。

もう少し詳しく書くとこういう事です。

ローカルのBashからSSHでXSERVERにログインしてサーバーのBashを叩く。

ログインの部分が次です。

SSHでXserverにログイン

ssh -l ユーザ名-i ./.ssh/ファイルの場所 -p 10022 サーバーID.xserver.jp -v
最後の-vは詳細なログを吐くオプションです。
bashのsshから接続するのは初めてなのもあり色々うまくいかず-v を付けてログを確認してました。
「すでに入れてたから、使ってるから」との理由で今回の私はGit Bashを選んだだけで、もちろん何でもよいです。
今までは別の手段でSSH接続してたのに突然Bashから繋ぐ事にしたのは「このやり方の方が自然だよな、勉強のために一回やってみておくか」という程度の理由です。

サブディレクトリも含めてファイル数をカウント

こちらをそのまま使用しました。

移転先のWordpressを確認できない

その後ブラウザでブログのアドレスの https://www.uminekolab.com/ を見ると移転前のブログが見えて、移転先を確認できません(そりゃそーだ)

ローカルの.hostを編集しました。

管理者権限のメモ帳で編集しました。

Windows10で作業してたのですが、上書き更新ですぐに反映されました。

WordPressのログイン画面の後になにかおかしい

移転先のログイン画面が出たのですが、その後なにかおかしいです。

次が原因でした。

私はWordpressのURLとサイトのURLを変えており、双方ををhttps~ で登録していました。原因としてこれも込みで移転前のサーバーのWordpressに回されてる模様です。

しかし、そもそも移転先のWordpressにログインできないので移転先でこの画面に到達できません。設定を変更できません。

しょうがないのでMySQLのデータを直接いじりました。

wp_optionsテーブルのsiteurlとhomeの行にありました。

分かる方しかやらないでねとの意図で詳しく書きません。もちろん同じ事をやって何があっても本当に私は知りません

という事で移転のログインボタンを押すと移転にログインするという恐ろしい罠でした。

ファイルもDBもコピー直後なので、画面が全く同じですから自分がどっちにいるか分からないという恐ろしい罠です。

システム屋さんがガクガクブルブルしますねぇ。

・・・しかしこれ、他の方はどうクリアしてるのでしょうか?

テーマの転送ができない

気分で移転後はテーマを変えてみようとしたら、テーマの追加時にFTPでエラーと出ました。

以下を行いました。

sudoはXSERVERでは通りませんでした。まあそうするよね。

後から知ったのですがXSERVERではFTPのポートを変えてるそうですので、ここらが根本原因でしょうかね?

そうなら「define(‘FS_METHOD’,’direct’);」ではない解決方法があるでしょうが、これ以上は確認してません。

ドメインの移管作業中にブログを更新できない

業者をまとめたかったのでドメインの移管も行いました。

ドメインの移管依頼から完了まで7日~10日と書いてありましたが、5日で「移転完了」のメールが来ました。

この間、次ができません

  1. 移転元のブログの更新ができない。(更新してもいいが移転先にも同じ事をする必要がある)
  2. 待ってる間に更新されたデータは移転元に置いてきぼりになる(もしくは再度データ移行する)

どっちもきついですね。ここまで色々やったのが「ここまでよく走ったな、ではもう一周追加だ!」です。

事前に色々手順を考えればマシにできるでしょうが、マニュアル通りに進めたらこうなっちゃいました。

2重メンテも再度の移行も面倒なのでやってられません。やってもいいですが、この例では見合う効果はないと判断しました(大抵の方はそうでしょう)

私の場合はCount per Dayの数日分のデータが置いてきぼりになりました。そんなに大事でもないのでほっときます。もっと色々やってるブログだと他にも出るかもしれません。

作業日数

作業開始~ドメイン移管依頼まで :2日(調べてる時間や色々試してる時間を含めて)

ドメイン移管完了までの待ち:5日

ドメイン移管完了の作業:ちょっぴり

最後に

初めてのWordpressの移転を行き当たりばったりで進めたらこんな感じでした(テスト移行して確認するリソースなんてないですから行き当たりばったりしかないですが)

こんなの、IT関連に結構詳しくないとできないよねぇ。

この記事を読んできつそうな部分があったら「Wordpressの引っ越しはお金を払ってプロに任せる」あるいは「そもそもサーバの引っ越しなんてしない」がお勧めです。

Googleで「Wordpress 引っ越し 代行」を検索してみる

それ以外の記事カテゴリの最新記事